311~あの日の事を思い出したのなら、自分に置き換えて防災を。

今日は311、3月11日です。
東日本大震災から5年たちました。

早いですね。
311の事は、まだ鮮明に覚えています。
でも、被災地はどうなったかな?と気にする回数は明らかに減っています。
これじゃ、いけないんですよね。
そんな事を思いながら出勤しました。

会社のある渋谷駅についたら、号外を配っていました。
東北3県の新聞社合同で発行する号外。
去年ももらいました。
今年もあるかな?と思っていたら、やっぱり配っていたので、もらいました。

もらう人、もらわない人、様々。
でも、歩いている人をみたら、手にしている人が多かった気がします。
やっぱり皆にとって「今日」と言う日311は特別な日で、そして無関心ではないんです。

新聞には、

「東北は元気です。でも、じゃぁもう大丈夫。というわけではないのです。」

と書いてありました。

そうですよね、私もそう思います。
そして、反省します。

そして、あの日を思い出しました。
そして、残された人の5年間を想像しました。
そして、自分の事を考えました。

災害警報

犠牲になった人を可哀想だな。
残された人を気の毒だな。
仮設住宅で暮らす人を、大変だろうな。
と思うことはとっても大切ですが、それだけだと、未来につながりません。
思うだけなら、所詮テレビの中の出来事なんじゃないかなって思うんです。
言い方が悪いですが、他人事。
自分には、降りかからない事だとどこかで思っている人が多いんじゃないかしら。

あの日の事を思い出したのなら、自分に置き換えて。
生き残るための準備をする。
避難場所の確認。
家族とどうするかの確認。
非常持ち出し袋のチェック。
備蓄のチェック。
家具転倒防止のチェック。

311だと感傷的になっている場合じゃないんです。
東京にだって大地震が来るって言われているんです。

本当に東京直下なんて来た日には、人が多いだけに大パニックでしょう。
東京は火事の被害が多いと言われていますし。
人の多さとパニック、火事が一番怖いです。

それでも私は生き延びますよ。
そのための、準備をしなくっちゃ。
平常時にいくら考えたってどうせ足りないのでしょうが。
ゼロよりは幾分マシなはず。

今日311は色々考える日です。
正解があることも、ないことも。
そして、一つだけ確かなことは、今生きている事に感謝。