静岡県民の「備蓄」とは?~静岡は防災意識のレベルが高い!

熊本の地震の被害が大きくて。
まだまだ避難所暮らしの人が多くて。
とっても気の毒です。

防災グッズ

でも、気の毒だね・・・
大変だね・・・

なんて言ってるだけじゃ意味ないんですよね。
他人事だと思わずに、自分も対策や備蓄をしなくちゃ意味がないと私は思います。

私は静岡出身です。
東海地震が近い、なんて言われ始めた頃生まれました。

本当に、

「東海地震が今日明日起きてもおかしくない。」

と言われていたようで、私が小さい頃は、ヘルメットをかぶって幼稚園や小学校に通いました。
それからも、ホントいつ起きてもおかしくない。
今起きたって全然おかしくない。
って事だったんだろうなーって思います。

そんな事もあって、小さい頃から地震は身近なもので、備蓄もしっかりしてありました。

実家には備蓄用の小屋があります。
水、食料、寝袋、テント、犬用のあれこれ、などなど。
外で暮らさなくちゃいけないことが、具体的に考えられて揃っています。
一週間なら余裕だと思います。

ちょっと前に父が、

「自家発電機が欲しいな。」

と言っていたので、もしかしたら、自家発電機もあるかもしれません。
たぶん、静岡の家ならどこもこのくらいの備蓄はしてあるんじゃないかな。

そんな家で育った私なので、東京に来てからも備蓄はしっかりしてある方だと思います。
ミネラルウォーターは常に20本はある状態。
空ボトルにトイレ用の水も入れてあります。
これも20本くらいあるんじゃないかな?
フリーズドライのごはんや、缶詰もカレーなど、夫と二人で一週間以上は余裕で暮らせる、食料もあります。

避難所で物がない被災者の多くが避難所のごはんに頼りっぱなしな状況を見て、ちょっとひっかかりを覚えた私。
九州は地震が少なかったせいなのか、全体的に備えが甘いんじゃないかしら?
と思ってしまいました。

こんな事を言うのはなんですけど。

もちろん、しっかり備えていたのですが、家が倒壊してしまって。
取り出せない人も多いのかもしれません。

でも、自治体はどうなんでしょう。
一応の備えはしていたんでしょうが、具体性が足りないというか、準備不足というか。
そんな印象を受けました。

静岡は、町内会の防災訓練を具体的に行います。
いざ避難生活になった時に、誰がどの担当をするのか、ということも確認します。
役所任せの避難所設置よりも、皆で協力する体勢が取れています。

具体性が違うな・・・と感じました。

でも、これは私が静岡にいた頃の話。
東海地震が来る、来ると言われてもう30年もたっているのですから、油断が出てきているはず。
いざ東海地震が来た時に、しっかり機能するかな?
と心配もあります。

でも、もっと心配しなければいけないのは東京。
私が住んでる東京も首都直下地震が近いと言われています。
都や区の対策はしていると聞きますが・・・どうかなぁ。
とにかく人が多いですから。
今回の熊本の避難所よりさらに物が足りない、人手が足りないってなるんじゃないかな?
って思います。

うーん。
心配。
やっぱり備蓄は大切ですね。

でも、家はいいですがもし職場で地震になったら?
会社の備えは薄いです・・・
不安だから、会社の備えも強化してもらわなくっちゃ。